人工知能

「人工知能の活用実績とさらなる開発」講演会を実施しました

2019-11-13T16:42:47+00:00 2019年11月13日|Tags: |

去る10月23日(水)、弊社もメンバーとして参画しております「IoTビジネス推進コンソーシアム沖縄」にて第7回となるセミナーを開催いたしました。当日は同コンソーシアム設立2周年記念講演ということで「人工知能の活用実績とさらなる開発」と題し、県内外のAIのトップランナーの方々にご登壇頂きました。 ご登壇頂いた講師の皆さまは以下のとおりです。 Pagus代表 久保江勝二様「人工知能活用の神髄と高速処理技術」 AI OKINAWA代表 コウジエイチク ”クバ” ヤクブ様「ビジネスの課題を解決するためのAI」 早稲田大学教授 小川哲司様「メンテナンスや1次産業支援へのAI適用事例」 当日の模様はIoTビジネス推進コンソーシアム沖縄のブログにございますので、ぜひご覧下さい。 セミナー#7 結果発表

沖縄県「令和元年度離島テレワーク人材育成補助事業」にてAI(人工知能)向け学習データ作成の株式会社バオバブと業務提携  〜アノテーション人材の育成と就業機会提供を推進〜

2019-08-28T09:58:38+00:00 2019年08月28日|Tags: , , , , |

沖縄県内の離島地域でテレワーク人材を育成する沖縄県「令和元年度離島テレワーク人材育成補助事業」において、当社はこのたびAI(人工知能)向け学習データ作成を手がける株式会社バオバブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:相良 美織、以下「バオバブ」)との業務提携を締結いたしました。これにより当社は今後、沖縄県内の離島地域におけるAI向け学習データ作成人材の育成を推進するとともに、AIによる社会全体の最適化に貢献してまいります。 【概要】 当社は本事業を通して沖縄・離島地域におけるテレワーカーの育成ならびに就業機会の提供を進めておりますが、このたび新たにAI向け学習データ作成分野で高い評価を得ているバオバブと提携することで、将来的にも大きな成長が見込まれる学習データ分野に参入します。これにより各テレワーカーは、研修プログラムを通じて時代に則したテレワークスキルを獲得することが可能となります。 【テレワーカーによる「アノテーション」業務について】 なお、AI向け学習データにはさまざまな種類がありますが、今回はまず「画像アノテーション」と呼ばれるデータ作成業務に取り組みます。これは、用意された画像に対し、その画像に写っているものが何であるかを人の手で明示的にアノテート=注釈付けしていくものです。この注釈付けされた画像をAIが大量に読み込み、学習することで、AIの画像認識能力を向上させることが可能となります。 今後も社会全般においてAI活用がさらに加速することが確実視される中、アノテーションをはじめとするAI向け学習データ作成の市場も大きな伸びが予想されております。アノテーション業務を通じてAIという成長分野へ進出することで、当社は沖縄・離島地域におけるテレワーカーを対象とした持続的・安定的な人材育成と業務確保を推進してまいります。 【バオバブについて】 バオバブは、2010年創業以来、機械翻訳のための対訳データ構築から始まり、画像アノテーション、自然言語処理研究のためのテキスト系アノテーション、音声収集そして多言語対話シナリオ作成等一貫して学習データ構築に特化してまいりました。自社で構築したWebアノテーションツール、ユニークな品質管理体制の下、現在世界中で900名以上のBaopart(バオパート)を抱えています。NTT東日本株式会社、情報通信研究機構、東京大学、Carnegie Mellon Universityを始め数多くのクライアントにスピーディでリーズナブルな価格、そして何より高品質なアノテーションを安定的に供給し続けています。 <関連ページ> ■株式会社バオバブ https://baobab-trees.com/ja/ ■当プロジェクト「アイランドコネクト沖縄」Facebookページ https://www.facebook.com/icokinawa/

グラスフォンがアマゾン人工知能に対応

2019-06-05T22:06:11+00:00 2017年10月23日|Tags: , , |

弊社は、株式会社バックムーン(代表取締役:知念 卓,本社 沖縄県西原町)と共に、グラスフォンfor防災の改良に取り組んでおります。 このたびグラスフォンは、Amazon で開発された”アマゾン 人工知能”(Amazon AI)の1つの機能である”Amazon Polly"を活用し、リアルタイムでの音声合成サービス実現しました。 このサービスの特徴であるプログラマブルなAPIを利用することで、グラスフォンをより良いサービスとしてを提供することが出来ました。 今後は他の人工知能機能である”Amazon Rekognition”を使った災害時データの分析や、”Amazon Lex”を使った自動対応サービス、さらに災害時の完全自動対応の実装検討を進めます。 弊社は人工知能を研究するだけでは無く、お客様へ提供中のシステムに今すぐ活用することで、安心安全な世界の実現を目指します。