お知らせ

新型コロナウイルスの集団感染を察知する『グラスフォンfor健康観察』のお知らせ

2020-05-18T09:26:54+00:00 2020年05月14日|Tags: , |

防災ソリューション「グラスフォン」の開発パートナーでもある株式会社バックムーン(代表取締役 知念卓)はこのたび、新型コロナウイルス対策関連サービス『グラスフォン for 健康観察』を開発し、沖縄市と連携して実証実験を開始しました。 =========== 現在、自粛・休業要請の緩和・解除のムードが高まっており、すでに再開やその予定も多くの企業から公表されております。 一方で、新型コロナウイルスの終息には長期戦が予想され、沖縄県内で再び感染拡大が始まってしまうと、自粛要請が再び発令され、地域経済活動への大きな影響がでてしまいます。 新型コロナウイルスの無い生活を取り戻せるわけではなく、地域経済活動と新型コロナウイルスとのバランスをとりながら、共存していく方法を模索しなければならない状況です。 『グラスフォン for 健康観察』は、新型コロナウイルスの集団感染(クラスター)を察知し、早期発見を実現します。それにより、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制し、そこからの感染拡大を未然に防ぐことを目的としています。 =========== 詳しくは株式会社バックムーンのサイトをご覧下さい。 https://www.buckmoon.co.jp/work/grasphone_for_questionnaire/

沖縄アウトレットモール あしびなーWi-Fi整備竣工のお知らせ

2020-04-20T09:18:35+00:00 2020年04月20日|Tags: , , |

当社は令和元年度末において、沖縄アウトレットモール あしびなーの館内及び施設内のWi-Fi整備(発注者:大和情報サービス株式会社 受注者:株式会社ウェバートン)を竣工し、4月初旬よりサービスを開始しています。 ショッピングモールに特化したアプリケーションを提供するWi-Fiサービス 本サービスで整備されたWi-Fiのゲスト認証基盤は(株)ウェバートンが提供する ”Locarise Connect” を採用しています。 今後、単なる接続認証に留まらず、ゲスト接続者の動線分析や、個人属性、ショップ回遊の分析など、マーケティングツールとして高い付加価値を持たせることができるWi-Fiアプリケーションとなっています。 公衆Wi-Fi向けの実績を多く持つRucks社製アクセスポイントを採用 当社ではアクセスポイントメーカーRuckusの代理店としての製品調達はもとより、基本設計、サイトサーベイ、構築・実装、試験、保守までをワンストップで対応致します。 Ruckus社アクセスポイントTシリーズは沖縄県内の自治体Wi-Fiでも多く採用されており、その安定性から今回の採用に至りました。 株式会社ウェバートン:https://www.weverton.co.jp/ 沖縄アウトレットモール あしびなー:https://www.ashibinaa.com/

安否確認・共助強化ソリューション「グラスフォン for 防災」を北谷町役場(沖縄県中頭郡)に導入

2020-04-03T17:13:52+00:00 2020年04月01日|Tags: , , , |

弊社はこのたび、安否確認・共助強化を支援する防災ソリューション「グラスフォン for 防災」を北谷町役場(沖縄県中頭郡)に導入いたしました。同製品の自治体への導入としては4例目となります。 2020年4月には運用を開始、弊社は引き続き運用支援も手厚く行いながら、北谷町の防災共助強化を支えてまいります。

「ブルー・オーシャン沖縄 テレワーク支援ソリューション」のご案内

2020-05-24T00:16:02+00:00 2020年03月17日|

弊社では、新型コロナウィルスへの対応において短期間でのテレワーク導入が求められている企業・組織へのテレワークの導入、および業務推進に関するサポートを行っております。 テレワークに必要な機器やソフトウェアの選定 業務管理ノウハウ テレワークをベースとしたコミュニケーションの方法 等、お客様の事業内容やテレワーカーの規模、業務ニーズに合わせたさまざまな側面からのご支援が可能となっております。テレワーク導入をご検討の際はぜひお気軽にお問い合わせ下さい。 背景 弊社では2015年より沖縄県内の離島地域におけるテレワーカー育成事業に取り組んでおり、その過程でテレワークの導入および業務推進に関する多くのノウハウを蓄積しております。 また、業務上テレワーク可能な弊社エンジニアに関しては政府からの通達以降テレワークを継続しており、自らテレワークならではの課題を解決しております。 参考記事 当社が沖縄県「令和元年度離島テレワーク人材育成補助事業」の事業者に選定されました 総務省「ふるさとテレワーク推進のための地域実証事業」を受託しました オンライン会議ツール「Cisco Webex Meetings」の使い方(会議に招待された人向け) テレビ会議システム「ヤーリンク(Yealink)」のお取り扱いにつきまして

竹富町でのドローンを活用した物流課題解決に向けて

2020-03-09T12:46:36+00:00 2020年02月15日|Tags: , |

去る2月3日(月) 竹富町の鳩間島および西表島・上原地区におきまして、弊社は株式会社Nansei様、沖縄セルラー電話株式会社様と共に、ドローンを活用した離島の物流課題解決に関する住民説明会を開催いたしました。 沖縄県八重山郡竹富町は大小16の島々から構成され、そのうち8つについては有人島となっています。これらの離島に暮らす住民の皆さまにとって ”物流の安定化” は生活の質を維持向上する上で大変重要なポイントとなります。しかしながら特に台風等の悪天候時には船の欠航を避けられず、長期にわたり必要物資が島に届かない、という状況が繰り返し起こっています。 このような状況を背景とし、このたび竹富町ではドローンによる物流網の確保に向けた取り組みを開始しました。今年度は関連する調査・分析を進めており、次年度からは実運用に向けたテストを開始、次々年度にはドローンによる物流ネットワークを開始する予定でおります。 <参考リンク> 悪天候になると船欠航、食料が届かない… 離島の課題を解決するのはドローン(琉球新報) https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1064991.html 高波で船欠航 空からドローンで食料輸送 石垣島―鳩間島 竹富町が実証実験へ(沖縄タイムス) https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/493092 なお、当該のドローンは先日開催された「リゾテック・オキナワ」でも展示されていました。

那覇市教育委員会様のデータ移行業務を自動化し、短納期で実施完了

2020-03-06T18:23:58+00:00 2020年01月31日|Tags: |

弊社はこのたび、那覇市教育委員会様における沖縄県生徒情報管理システムからのデータ移行業務をプログラム化することで、短納期での実施を完了いたしました。 この実績を元に、弊社は今後スズキ校務支援システムへのデータ移行業務を弊社のサービスとしてパッケージ化し、お客様のニーズにお応えしてまいる所存です。 <参考リンク> 那覇市教育委員会様のプライベートクラウド上にスズキ教育ソフト社製「スズキ校務シリーズ」の構築を完了 http://boo-oki.com/naha-edu-suzuki/

弊社ニアショア開発サービスのご案内

2020-01-31T01:33:16+00:00 2020年01月31日|Tags: |

このたび新たに弊社のニアショア開発サービスに関するページを設けました。 ブルー・オーシャン沖縄のニアショア開発サービス http://boo-oki.com/system-dev/ 弊社では、IoT系一部上場企業出身エンジニアやバイリンガルエンジニアなど平均業務経験15年以上の開発者を擁し、各種システムのニアショア開発に関するご相談を承っております。また、設計、構築、さらに稼働後の運用まで、幅広く対応しております。 豊富な経験に裏付けられた高品質なニアショア開発サービスをお探しのお客様はぜひお気軽に弊社までお問い合わせください。

那覇市教育委員会様のプライベートクラウド上にスズキ教育ソフト社製「スズキ校務シリーズ」の構築を完了

2020-01-27T10:41:14+00:00 2020年01月27日|Tags: , , , |

現在弊社で運営しております那覇市教育委員会様のプライベートクラウド上に、スズキ教育ソフト社製「スズキ校務シリーズ」の構築が完了したことをご報告いたします。 <詳細> 弊社は那覇市教育委員会様の校務案件を株式会社オキジムさまと共に受託し、このたびお客様に納品いたしました。スズキ校務シリーズの導入にあたっては、弊社で独自開発したツールを用いることで、既存の沖縄県生徒情報管理システム(小学校版校務支援および中学校生徒情報管理システム)からのデータ移行を短納期で実現しました。 今後は同サービスの県内外への展開はもとより、GIGAスクールのIT基盤構築、また、教員様の働き方改革に向けたICT化推進の一翼を担いたいと考えております。 引き続きブルー・オーシャン沖縄をどうぞよろしくお願いいたします。

1月29日(水)開催「令和元年度地域ICT/IoT実装推進セミナー in 沖縄」のご案内

2020-01-10T11:22:47+00:00 2020年01月10日|

来る1月29日(水)に「IoT × 農水産業」というテーマで県内外でのIoT実装事例が紹介されるセミナーが開催されます。 ご興味のある方はぜひお早めにご予約ください。 なお、本セミナーは総務省沖縄総合通信事務所と沖縄情報通信懇談会の共催となりますが、弊社も参画しています「IoTビジネス推進コンソーシアム沖縄」も協力させて頂いています。 1 趣旨   総務省では、IoTの本格的な実用化の時代を迎え、これまでの実証等の成果の横展開を強力、かつ、迅速に推進してまいります。   本セミナーでは、「IoT×農水産業」をテーマに県内外でのIoT実装の取り組み事例の紹介や、グループに分かれての意見交換会を開催することとしており、今後の沖縄の農水産業等における課題解決に資することを目的としています。 ※IoT:Internet of Things   「モノのインターネット」とも呼ばれ、自動車、家電、ロボット、施設などあらゆるモノがインターネットにつながり、情報のやり取りをすることで、モノのデータ化やそれに基づく自動化等が進展し、新たな付加価値を生み出すシステムの総称。 2 日時   令和2年1月29日(水) 14:00~17:00 3 場所   沖縄産業支援センター 中ホール(那覇市字小禄1831-1) 4 主催等   主催:総務省沖縄総合通信事務所、沖縄情報通信懇談会   協力:IoTビジネス推進コンソーシアム沖縄   後援:沖縄総合事務局、沖縄県、公益社団法人沖縄県情報産業協会、       一般財団法人 沖縄ITイノベーション戦略センター、       一般社団法人テレコムサービス協会沖縄支部、       沖縄県商工会連合会、JAおきなわ 5 対象   一般 6 参加費   無料 7 プログラム ★基調講演および総務省施策説明  (1)基調講演:地域ICT/IoT実装推進(主に5G)に関する説明   【演題】「5Gの概要とそのユースケースについて」(仮題)   ・第5世代モバイル推進フォーラム 事務局 山崎 義樹 氏  (2)地方局施策説明:主にオープンデータの取り組みに関する説明   【演題】「沖縄におけるICT/IoTの推進およびオープンデータの取り組み」(仮題)   ・沖縄総合通信事務所情報通信課 課長 渡邉 博文 [...]