グラスフォン

東北総合通信局と東北情報通信懇談会による平成30年度「地方公共団体の地域課題解決提案」公募にて提案審査を通過

2018-11-13T14:05:27+00:00 2018年11月13日|Tags: , |

このたび、東北総合通信局と東北情報通信懇談会による平成30年度「地方公共団体の地域課題解決提案」の公募に対し、株式会社ブルー・オーシャン沖縄のグラスフォンを活用した提案が審査を通過しましたので報告いたします。 今後は岩手県庁内でのプレゼンテーションを経て、「スマートフォン以外でも利用できる防災情報システム」を検討中の自治体様と直接、詳細検討へと進んでいく予定です。 このたび対象となる地域は大震災を経験しているため、より実効性のあるシステムが望まれております。この地域の状況に合わせてグラスフォンの機能をブラッシュアップすることで、以後、他のさまざまな地域でもグラスフォンの価値が活かされ、現場での活躍に繋がると考えています。

一斉同報安否確認システム「グラスフォン」のWebサイトをリニューアル

2018-10-30T08:34:14+00:00 2018年10月30日|Tags: , , , , |

このたびブルー・オーシャン沖縄では「グラスフォン」のWebサイトをリニューアルいたしました。 グラスフォンは、「一斉安否確認システム」と「地域防災コンサルテーション」で構成される弊社オリジナルの災害対策ソリューションパッケージです。 今回のリニューアルでは、新たにFAQ(よくあるご質問)や最新ニュースのページも設けております。 自治体や企業への防災ソリューション/安否確認システム導入にご関心をお持ちの皆さまにおかれましては、ぜひグラスフォンのWebサイトをご確認くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ↑クリックすると別ウィンドウで開きます

一斉同報安否確認システム「グラスフォン for BCP」を新たに発売

2018-08-07T22:42:12+00:00 2018年08月07日|Tags: , , , , |

このたび弊社では新たに一斉同報安否確認システム「グラスフォン for BCP」を発売いたします。 弊社ではかねてより、自治体向け一斉同報安否確認システム「グラスフォンfor防災」を販売しております。一方、自治体のみならず民間のお客さまからもグラスフォンへのニーズがあり、このたびの「グラスフォン for BCP」発売に至りました。 【発売の背景】 他社による一斉同報安否確認システムはメールの一斉配信機能を利用するものがほとんどとなっておりますが、メールでは返信者に相応の負担をかけるケースもあり、結果として緊急時の状況把握に時間を要する状況が発生しておりました。 グラスフォンは、メールではなく電話による安否確認を一斉発信。また回答する側もボタンプッシュひとつで自身の状況を伝えられるため、緊急時も返信に手間がかからず、結果、短時間での状況把握が可能となっています。 弊社では今後もグラスフォン事業の拡充を通じて、自治体および民間レベルでの防災への取り組みを支え続けてまいります。

一斉同報安否確認システム「グラスフォンfor防災」を沖縄県南城市に導入

2018-08-07T22:44:48+00:00 2018年08月06日|Tags: , , |

このたび弊社の一斉同報安否確認システム「グラスフォンfor防災」を沖縄県南城市に導入いたしました。 同市はこれまでいくつかのデータベースを基に手動で「避難行動要支援者名簿」を生成していましたが、今回その生成プロセスをシステム化したうえで、グラスフォンの基本機能(一斉同報安否確認システム)に統合することに成功しております。 また、住民の個人情報については、クラウドから切り離すことで個人情報保護に配慮しております。 このように「グラスフォンfor防災」は安否確認のみならず、防災福祉に関わる統合的な課題解決が可能となっております。 弊社では今後もグラスフォン事業の拡充を通じて、地域の防災への取り組みを支え続けてまいります。

一斉同報安否確認システム「グラスフォンfor防災」、長野県小谷村で検証開始

2018-08-07T22:45:46+00:00 2018年07月19日|Tags: , , , |

このたび長野県小谷村において、弊社が企画開発販売する一斉同報安否確認システム「グラスフォンfor防災」の導入検証がスタートしました。検証期間は2018年7月から2019年6月までの予定です。 小谷村では過去に大きな地震を経験しており(※)、迅速な安否確認体制の確立が求められております。今回小谷村でグラスフォンの検証に至った理由として、”高齢者も戸惑うことのない電話機のプッシュ操作で利用可能”というグラスフォンの特長が有効と考えられていることが挙げられます。 ※2014年11月22日に発生した長野県神城断層地震。最大震度6弱を観測。 本検証期間においては、防災システムとしての要件抽出のほか、システム活用に必要な役務や業務、その他リソースの課題抽出も行われます。 また、今回の検証は”災害弱者を救う”というグラスフォンの製品特性を最大化するため、現地で高齢者や障害者の見守りを行うNPO法人「ケアサポートこごみ」の協力も得て実施されます。 さらに今回は、災害時のみならず日常的に住民のコミュニティで活用できる、資産価値の高いミニマルコミュニケーションシステムとしての稼働検証も併行して実施し、グラスフォンの可能性を深掘りしてまいります。   小谷村役場と今回ご協力頂く「ケアサポートこごみ」の皆さん 【関連リンク】 一斉同報安否確認システム「グラスフォンfor防災」

オリジナル防災ソリューション「グラスフォン」の完成式を行いました

2018-08-07T22:55:49+00:00 2018年03月30日|Tags: , |

3月27日(火)には株式会社バックムーンの皆さんをお招きし、弊社オリジナルの防災ソリューション「グラスフォン」の完成式を行いました。 今回バックムーンさんには、「行政に求められる災害時の安否確認業務を一括支援」というグラスフォンの機能を、プロダクト開発のプロフェッショナルの視点で強力にブラッシュアップして頂きました。まさに、バックムーンさんのお力なしには、現在好評を頂いておりますグラスフォンのユーザーインターフェイスは存在しえませんでした。 これからも引き続き、バックムーンさんとの協力体制のもとサービスクオリティの向上に努めてまいります。今後ともグラスフォンをよろしくお願いいたします。

グラスフォンがアマゾン人工知能に対応

2018-08-07T23:00:45+00:00 2017年10月23日|Tags: , , |

弊社は、株式会社バックムーン(代表取締役:知念 卓,本社 沖縄県西原町)と共に、グラスフォンfor防災の改良に取り組んでおります。 このたびグラスフォンは、Amazon で開発された”アマゾン 人工知能”(Amazon AI)の1つの機能である”Amazon Polly"を活用し、リアルタイムでの音声合成サービス実現しました。 このサービスの特徴であるプログラマブルなAPIを利用することで、グラスフォンをより良いサービスとしてを提供することが出来ました。 今後は他の人工知能機能である”Amazon Rekognition”を使った災害時データの分析や、”Amazon Lex”を使った自動対応サービス、さらに災害時の完全自動対応の実装検討を進めます。 弊社は人工知能を研究するだけでは無く、お客様へ提供中のシステムに今すぐ活用することで、安心安全な世界の実現を目指します。