民間企業向け一斉架電・状況確認システム「グラスフォン for BCP」

民間企業向け一斉架電・状況確認システム「グラスフォン for BCP」 2019-12-20T11:32:43+00:00

「グラスフォン for BCP」は、大規模な自然災害発生時等に事業継続するためのBCP用ツールです。
災害発生という状況下において社員に一斉架電し、どの社員が出社可能か?などの確認を容易に行うことが可能です。

作業/動作フロー
①従業員およびグループを登録。
②音声合成の元となるメッセージをテキストで登録。
なお、事前登録せずその場でメッセージ作成も可能。
③管理者がインターネットに接続されたパソコンから
メッセージと発信グループを選択し一斉発信。
④社員の電話に順次着信し、メッセージが流れる。
⑤社員はメッセージに対しプッシュボタン押下で回答。
⑥メッセージを発信したパソコンに随時回答が表示されるとともに
集計データが整理される。

メールによる一斉通知との違い

  • メールではメッセージが見られた/見られていないのステータスを把握できないが、
    本システムでは電話のメッセージが聞かれた/聞かれていないのステータスが把握可能。
  • メールの場合は回答がまちまちだが、本システムの場合は電話のプッシュボタンを
    押下するだけで回答できるため、状況把握が短時間で可能。

その他のメリット
災害時以外の平常時にも社内のミニマムコミュニケーションツールとして活用が可能。